映画・ドラマ

『竜とそばかすの姫』主人公の歌声と成長する姿が心に響く【アニメ】

この記事は約2分で読めます。

主人公の内藤鈴(すず/中村佳穂さん)は、高知の自然豊かな土地で生まれ育った高校生。彼女は父親と二人暮らし。幼い頃に水難事故で母親が他界して以来、母親との思い出でもある大好きな歌を人前で歌えなくなった。

そんな彼女だが、親友に誘われてインターネットの仮想世界<U>(ユー)を始めたことで転機を迎える。<U>は、全世界で登録アカウント50億人を突破するインターネット空間で、ボディシェアリング機能を有するのが特徴。<U>における自分の分身を<As>(アズ)という。<As>は、スキャンした生体情報から自動生成され、本人と連動している。

すずは、<U>の世界で「Belle」と名乗った。自然と歌えるようになり、その歌声が大評判に。フォロワーが急上昇し、瞬く間に人気を得る。

そんな中、「Belle」のコンサート会場に、<U>の世界の住人のひとり「竜」が現れた。彼は追われていた。「Belle」は「竜」のことが気になる。

SFともいえるが、近未来的であり現実世界と融合させた内容と感じた。物語の魅力は、インターネット空間での体験を通して、主人公のすずが才能を開花し人間として成長したこと。社会的なメッセージもあり、インターネットの匿名性や社会問題についても取り上げていた。

謎に包まれた「竜」の存在も、本作の重要なテーマになっていて、「竜」の傷ついた心の原因が、すずとその仲間によって明らかになり、すずは現実の人間を助けるための行動を起こす。

アニメ映画『竜とそばかすの姫』は、細田守さんが原作・脚本・監督を務めたスタジオ地図制作による作品。主人公役に京都出身のミュージシャン・中村佳穂さんを抜擢。その他のキャストは、佐藤健さん、成田凌さん、染谷将太さん、玉城ティナさん、幾田りらさん、役所広司さんら。

本作は、中村佳穂さんの魅力的な歌声が印象的な作品でした。「Belle」の歌は、オープニングからクライマックスまで、人々を導く物語のテーマのように心に響きました。

▼参照:「竜とそばかすの姫」公式サイト

竜とそばかすの姫
出典:Amazon
タイトルとURLをコピーしました