東野圭吾さんの著書

東野圭吾さんの著書および関連する記事の一覧です。東野さん原作の映像作品も含みます。

小説

『透明な螺旋』東野圭吾 ‐ 真相を辿り新事実を明らかに【書評】

東野圭吾さんの小説『透明な螺旋』は、ガリレオシリーズ第10弾の長編。千葉・房総沖で男性の銃殺遺体が発見された。行方不明者届が出されている人物が有力候補として浮上したが、届けを提出した同居女性が失踪。
映画・ドラマ

『ガリレオ 禁断の魔術』科学トリックと人生のドラマを両立【ドラマ評】

福山雅治さん主演のガリレオシリーズ、新作テレビスペシャルドラマとして『ガリレオ 禁断の魔術』がフジテレビの土曜プレミアムで放送された。本作での共演は新木優子さんや北村一輝さんら。
小説

『白鳥とコウモリ』東野圭吾 ‐ そういった人間ではないという疑問から真相が明らかに【書評】

東野圭吾さんの小説『白鳥とコウモリ』は、2021年4月に幻冬舎から刊行された。全面的な自供により起訴された被告人が語った内容は、真実なのか? そういった人間ではないという、被害者家族や加害者家族らの疑問によって真相が明らかに。
小説

『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』東野圭吾 ‐ 探偵役と助手が、叔父と姪の関係【書評】

東野圭吾さんの小説『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』は、2020年11月に光文社より刊行された。探偵役は、腕のいい元マジシャンで、推理力も抜群。彼は恵比寿でバーを経営している。作品にはコロナ禍という時代背景が、色濃く反映されている。
小説

『夢幻花』東野圭吾 ‐ 新しい科学情報や時代背景を取り入れての刊行【書評】

東野圭吾さんの『夢幻花』は、PHP研究所から2013年に刊行された。初出は月刊誌『歴史街道』で、2002年7月号から2004年6月号までの連載。新しい科学情報や時代背景を取り入れるために、全面的に書き直したうえでの単行本刊行であった。
小説

『希望の糸』東野圭吾 ‐ 悲しくぞっとする殺人事件の経緯【書評】

東野圭吾さんの小説『希望の糸』は、2019年7月に講談社から刊行された書き下ろし長編で、「家族」をテーマにした物語。本作は、加賀恭一郎シリーズに登場する松宮脩平刑事が主人公のスピンオフ作品である。松宮刑事は、加賀恭一郎の従弟。
小説

『クスノキの番人』東野圭吾 ‐ 不運を嘆いていた青年の成長【書評】

東野圭吾さんの小説『クスノキの番人』は、不運を嘆いていた青年が、突然現れた伯母に導かれ、与えられた仕事を通して成長ゆく物語。願い事をすれば叶うという御神木のクスノキ。ファンタジー的な要素が強い作品である。
小説

『祈りの幕が下りる時』東野圭吾 ‐ 複雑に絡み合ういくつもの謎【書評】

東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』は、講談社より2013年9月に刊行された。複雑に絡み合ういくつもの謎は、加賀恭一郎の母にも繋がっていた。第48回吉川英治文学賞受賞作品! 加賀恭一郎シリーズ10作目。
小説

『沈黙のパレード』東野圭吾 ‐ 共犯者の誰も知らなかった隠れた真実【書評】

東野圭吾さんの『沈黙のパレード』。ミステリー小説において、遺族らの視点に立つ復讐のための殺人というストーリーは受け入れにくいこともある。だが本作は、そういう経緯があったのかと、事件の真相や話の展開に関心を持ち続けながら読了できた。
小説

『放課後』東野圭吾 ‐ 囮トリックと犯行動機をどう読むべきか【書評】

東野圭吾さんの小説『放課後』は、1985年の第31回江戸川乱歩賞受賞作。女子高を舞台にした学園ミステリーである。東野圭吾さんは、この作品で作家デビューを果たした。1985年度の週刊文春ミステリーベスト10において1位。
タイトルとURLをコピーしました