映画・ドラマ

『元彼の遺言状』猪突猛進タイプの弁護士・剣持麗子を主人公とするミステリー【ドラマ】

この記事は約2分で読めます。

フジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』の主人公は、猪突猛進タイプの弁護士・剣持麗子。綾瀬はるかさんが主演として、剣持麗子を演じる。彼女は企業法務を専門とし、大手法律事務所で活躍していたが……。共演は、大泉洋さん、生田斗真さんら。

原作は宝島社主催の2021年第19回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作。
著者の新川帆立さんは、東京大学法学部卒のエリート。
受賞当時、現役弁護士であった。
法律や法曹界、現場の人間のことを熟知している。
推理とリアリティーの両立を期待できそうに思う。

「このミステリーがすごい!」大賞の選考では、緻密なシナリオ、主人公像の造形、斬新な事件アプローチなどを評価され、満場一致の受賞であったらしい。

テレビドラマ化では、原作の世界観はそのままに、オリジナルのエピソードも描いていく、とのこと。
演出を務めるフジテレビの鈴木雅之さんは、古き良きミステリーの世界を作りたい、と仰っている。

第一話の冒頭は、麗子の大学時代の元彼・森川栄治(生田斗真さん/二役)の死。
ロッキングチェアに揺られながらの静かな死は、古典的なミステリーの雰囲気を醸し出していた。
栄治が最後に手にしていたのは、アガサ・クリスティの推理小説『ねじれた家』。
その本には暗号が記されていた。

栄治は奇妙な遺言状を遺していた。
「僕の財産を、僕を殺した犯人に譲る」。
栄治には巨額の遺産がある。
それが物語の発端。

▼参照:元彼の遺言状 | フジテレビ公式サイト

元彼の遺言状
出典:楽天
タイトルとURLをコピーしました