映画・ドラマ

『エクス・マキナ』人間とAIの駆け引きの結果は【映画】

この記事は約3分で読めます。

この記事では、映画『エクス・マキナ』について、そのテーマや登場人物、物語の魅力をさまざまな角度から掘り下げていきます。

エクス・マキナ

エクス・マキナ
出典:Amazon

エクス・マキナ

監督:アレックス・ガーランド
脚本:アレックス・ガーランド
出演:アリシア・ヴィキャンデル, ドーナル・グリーソン, オスカー・アイザック, ソノヤ・ミズノ ほか
劇場公開日:2016年6月11日

人間とAIの駆け引きの結果は

映画『エクス・マキナ』は、2016年6月に公開されたイギリス映画。原題はEx Machinaであるが、ラテン語のex machinaは「機械仕掛けの」という意味。

監督・脚本はアレックス・ガーランドさん、出演者はアリシア・ヴィキャンデルさん、ドーナル・グリーソンさん、オスカー・アイザックさん、ソノヤ・ミズノさんら。

美しい女性型ロボット ”エヴァ” に扮しているのが、アリシア・ヴィキャンデルさん。彼女は1988年生まれ、スウェーデン出身。ソノヤ・ミズノさんは日系イギリス人。ソノヤ・ミズノさん演じるキョウコは、本作の舞台となる別荘兼研究施設において家政婦のような仕事をしているが……。

本作の主人公ケイレブ(ドーナル・グリーソンさん)は、検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社でプログラマーとして働く青年。彼は社内の抽選で、社長のネイサン(オスカー・アイザックさん)が所有する別荘に1週間滞在するチャンスを得る。ネイサンの別荘は、人里離れた山間の広大な敷地に建てられた研究施設であった。その施設で極秘に行われていたのは、女性型ロボットの開発。すでに実用段階まで開発は進んでいた。

そしてネイサンは、ケイレブに人工知能のテストに協力することを依頼する。ネイサンは、完成した女性型ロボット、エヴァ(アリシア・ヴィキャンデルさん)に搭載されている人工知能を、開発者である自分自身とは別の人間を使って試したかった。

ケイレブは、エヴァがロボットであると知りながら、その魅力に引き込まれてしまう。エヴァには、人間と同じように心があるように感じた。人間によってプログラムされた感情は、理想的なものなのだろうか。だが、人間に近づけられた感情からは、裏の心も芽生え始める。

ネイサンの開発は実用レベルであったが、この感情コントロールという面で思い通りにならなかったようだ。実はエヴァの前にも、何体かの試作品があった。ネイサンは、ロボットに人間と同じような感情を持たせたことによる弊害に悩まされていた。感情的になってしまうのはダメだが、従順すぎても納得できないようだ。果たして、エヴァは完璧なのだろうか。ネイサンは、それを確認するためにケイレブを使って試そうとする。

エクス・マキナ
出典:Amazon
作品情報

監督:アレックス・ガーランド
脚本:アレックス・ガーランド
出演:アリシア・ヴィキャンデル, ドーナル・グリーソン, オスカー・アイザック, ソノヤ・ミズノ ほか
劇場公開日:2016年6月11日

タイトルとURLをコピーしました