本・辞書

『キャッチコピーの教科書』さわらぎ寛子 1項目1分の実践的な65のテクニック【書評】

この記事は約2分で読めます。

さわらぎ寛子さんの著書『キャッチコピーの教科書』は、2017年5月にすばる舎から刊行された。

本書は、すばる舎の「1THEME × 1MINUTES お店シリーズ!」。そして「わかる!!できる!!売れる!!」は、シリーズ共通の副題。

目的を明確に示していて<販売や販促、お店作りに関わっているすべての方>に向けてか書かれているようだ。

▼参照:1THEME × 1MINUTES お店シリーズ! | すばる通信 (subarusya1.com)

本書では、「PLOLOGUE」「PART1」「PART2」「PART3」「PART4」「PART5」に分けたうえで、65のテクニックを紹介している。

各PARTの見出しは次のようになっている。

目次
PROLOGUE キャッチコピーを変えれば売上が大きく上がる!
PART1 まずは知っておきたい「キャッチコピーの基本」
PART2 思わず買いたくなる!「購買意欲を高めるコピー」
PART3 お客様の背中を押す「欲望を刺激するコピー」
PART4 クチコミでファンが増える!「コピーの見せ方」
PART5 ずっと売れ続ける!「心に刺さるフレーズの作り方」

本書では、各PARTのそれぞれのテクニックについて、有名コピーを引用しながら一つひとつ丁寧に解説し、図解でまとめるという方法を取っていた。

65のテクニックは、目次の見出しをもとにページを開いてみると、期待した内容になっている。そのなかには、キャチコピーを作るための公式や、ネーミングの基本、フレーズ集などもある。参考にしながらすぐに始められそうな本と言えそうだ。

キャッチコピーの教科書/さわらぎ寛子
出典:Amazon
書誌情報

書名:キャッチコピーの教科書:わかる!!できる!!売れる!!
著者:さわらぎ寛子
出版:すばる舎

タイトルとURLをコピーしました