小説

『黒牢城』米澤穂信 有岡城内で起きた不可解な事件の謎を土牢の官兵衛が解く【書評】

この記事は約2分で読めます。

米澤穂信さんの『黒牢城』(こくろうじょう)は、2021年6月に角川書店より刊行された歴史ミステリー小説。第166回直木賞を受賞したほか、4大ミステリランキングすべてで第1位を獲得しています。第12回山田風太郎賞を含めると5冠達成の快挙。

4大ミステリランキングとは、下記の各賞のこと。

  • 「ミステリが読みたい! 2022年版」(ハヤカワミステリマガジン2022年1月号)国内篇 第1位
  • 「週刊文春ミステリーベスト10」(週刊文春2021 年12 月9 日号)国内部門 第1位
  • 「このミステリーがすごい! 2022年版」(宝島社)国内編 第1位
  • 「2022本格ミステリ・ベスト10」(原書房)国内ランキング 第1位

荒木村重による織田信長への謀反。村重は有岡城に籠城し、約定を交わした毛利の援軍を待つ。信長は、有岡城を包囲しながら、使者を送る。羽柴秀吉の命により黒田官兵衛は村重の説得を試みるが、土牢へ閉じ込められてしまう。この一連の史実が本書の下敷きになっている。

官兵衛が土牢に入れられている間に、有岡城で不可解な事件が起きた。村重は、城内をまとめるためにも事件を解明しなければならない。囚人として扱っている官兵衛ではあるが、知恵を得られないかという望みを抱いた村重は、ひとり土牢の官兵衛のところに赴く。

本作は歴史小説としても、ミステリー小説としても楽しめる作品であった。村重と官兵衛の語らいとその後、有岡城内の様子や人々の心のうちが細やかに描写され、城内で起きた不可解な事件の謎が解かれてゆく。

黒牢城/米澤穂信
出典:Amazon
作品情報

書名:黒牢城(こくろうじょう)
著者:米澤穂信
出版社:KADOKAWA
出版年月:2021年6月

紙版はこちら。

電子版はこちら。

タイトルとURLをコピーしました