映画・ドラマ

『ユリゴコロ』ショッキングなミステリーを入り口にした愛の物語!?【映画】

この記事は約1分で読めます。

映画『ユリゴコロ』の劇場公開は2017年。沼田まほかるさんの同名小説を原作にした作品で、脚本・監督を熊澤尚人さんが務めた。

亮介(松坂桃李さん)は、余命わずかな父親の書斎で、「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノートを見つける。美紗子(吉高由里子さん)と名乗る女性の日記。

亮介は、山中にレストランを開業したばかり。
山里にある実家には、末期がんで余命わずかと診断されている父親が、一人で住んでいる。
ある日亮介は、実家で「ユリゴコロ」と題されたノートを見つける。
それは、殺人に取り憑かれた人間の告白文。

ノートに書かれている過去と、現在が交錯しながら、殺人者・美紗子を中心に物語が展開する。
「ユリゴコロ」とは、心の拠りどころを指している。
美紗子は死を味わうことに「ユリゴコロ」を感じる異常人格者。

リストカットや殺人などのグロテスクなシーンがあるので、苦手な方は注意が必要。
PG12指定。

出演は、吉高由里子さん、松山ケンイチさん、松坂桃李さん、木村多江さん、清野菜名さんら。

監督・脚本・編集を熊澤尚人さんが務めた。
劇場公開は2017年。

ユリゴコロ
出典:Amazon

原作は沼田まほかるさんの同名小説『ユリゴコロ』(双葉社)。

タイトルとURLをコピーしました